FC2ブログ

6月29日ツボヰヨットが・・・

新型インフルエンザの影響で担当先がお休み。
時間が空いたので、久しぶりにツボヰヨットへ遊びに行った。
すると、いつもとは様子がおかしい。

P627248502.jpg
工場の扉が閉ざされて、人気がない。

まさか?と思って、近づいてみると・・・

1246244099.jpg
・・・なんてこった。


2000年にOnlyYouの修理に飛び込んで以来、坪井社長の気さくな人柄に惹かれて、よく通っていた。
OnlyYou2デッキ修理中
マスト周辺のデッキが陥没して、張替え補強中のOnlyYou。
マスト根本の艤装品取り付け用ストラップ穴から浸水、コアを腐らせていた。内部からジャッキアップしてデッキを持ち上げてその上からパテ成形した上に簡易モールドを形成。そのモールドから部分的にデッキを造って大きく張り替えた。


IMG_010902.jpg
2001年2月9日建造中のseam31"an-04"
見学も自由にさせてもらったし、修理の相談や艤装や整備などいろいろな事を教えてもらった。

いつかは、ツボヰの新造艇が夢だったんだけど、それももう叶わないのか。

「おい、そろそろ造らないか?」
「まだ駄目。マンション買っちゃったから、住宅ローンが終わらないと(~_~;)」

なんて会話もしたっけ。

P328775901.jpg
2007年3月建造中のVite31
P328776702.jpg

Vite31の建造時には、プランニングから実艇の進水まで、追い続けたりした。

でも、一番の想い出は、OnlyYouの修理を手伝って、一緒になって船を磨いていたことかな。
真夏でも長袖・長ズボンに、ゴーグルとマスクの完全装備でいないといけないのに、阿呆な私はTシャツ・短パンにビーサンで磨いたので、全身粉まみれになって皮膚呼吸出来なくてぶっ倒れた。

汗だくで開いた毛穴に、FRPの細かい粉末が詰まって、シャワーで洗っても落ちやしない。
だから、真夏でもこういう格好をしているんだよ・・・という、職人さんたちの視線が痛かった。

でも、あの時は、本当に苦しかったよなぁ。

ツボヰのオヤジさん。いつか、必ず復活して下さい。
その日が来るのを、祈っています!
スポンサーサイト



6月27日SCOTT SUB30

P627248904.jpg
ハイドロフォーミングによる特徴的なアルミフレーム

P627250520.jpg
いかにもソリッドな乗り味を予想させるストレートなアルミフォーク

P627250318.jpg
お尻痛そう?な細身のサドル←でも、意外と気にならない

P627250419.jpg
高さ調整が容易なステムと、ちょいと良い感じのライザーハンドル

P627249308.jpg
小ぶりな26インチ径のセミ・スリックタイヤ

P627249106.jpg
魅惑的なカーブを描くメインフレーム

P627249914.jpg
後ろ姿も、なかなか。Weigtは11.4kg

P627248702.jpg
ギアは、フロント3段、リア8段の24段

P627248803.jpg
20年ぶりの自転車が2008年式SCOTT SUB30って、ちょっとハードかな?(~_~;)

続きを読む »

6月25日睡蓮の池in日進市

梅雨の中休みで久しぶりに晴れそうなので、今日はE-3を持ち出してみた。

午前中の得意先周りの順番を調整(笑)して、いちばん最後に睡蓮の池を通るコースに調整。
いつもの場所に駐車して、E-3に150mmF2.0とEC14を取り付ける。

E325634905.jpg
ここへのアプローチには長靴が必須。
手持ちの装備では、水際ぎりぎりまで寄らないといけない。

E325635006.jpg
雨上がりなので、あまり花の状態が良くない。

E325635309.jpg
あんまりアップにすると、痛み具合まで判っちゃうねぇ(~_~;)

こりゃあ、出直しかな?と思っていたら、
E325636015.jpg
イトトンボ発見

E325636418.jpg
そういえば、ここで初めて見つけた時に、偶然にもチョウトンボも撮ったんだな・・・と思い出したので、もう少し粘ってみると、赤いのを発見。

E325637225.jpg
"アキアカネ"という名前が、パッ!と思い浮かんだけど、調べてみると"ナツアカネ"かもしれない。

E325637629.jpg
風上を向いているので、正面写真は無し。
tomboさんなら、きっとそのまま池に入って行くんだろうけど、さすがにその根性は無い(~_~;)

6月22日E-P1雑感:総括

P621243702.jpg
ZUIKO28mmF2.8をアダプター経由で取り付けたE-P1

P620237501.jpg
標準の14-42を付けた姿

P620240602.jpg
ズミルックス(SUMMILUX) 50mm f1.4 ASPH 第4世代

このうち、どれが、フィット感が良いだろうか?

このE-P1は、既存のフォーサーズユーザーには、ファインダーは無いし持ちにくいし、おまけに使いたいレンズは無いしと、マイナスポイントが三拍子揃っている(~_~;)

だけど、今までデジタルで使うことの出来なかったレンジファインダー用の銘レンズを、おまけに絞り4段分の手振れ補正を効かせた上に、ライビビューで拡大して精密なピント合わせをして使うことが出来る。
おまけに、そのレンズでHD画質のMotoin-Jpeg撮影も可能というのは、凄すぎないだろうか?(笑)
※ただし、動画撮影時は電子式手振れ補正。

もちろん、E-P1の本質は、これだけでは無い。

コンパクトデジタルカメラしか使った事が無かった、でも、一眼レフを重くて大きすぎて敬遠していたステップアップユーザーから、こういう子供たちのようなカメラに興味のある誰もが、気軽に高画質に撮影出来るツールなのだろう。
P621246109.jpg

Lマウントレンズを持たない私は、魅力的な広角レンズ待ちだけど、その日を早く実現するためにも、E-P1には大成功を収めて欲しい(笑)

6月22日E-P1雑感その3

P620238203.jpg
落としたり持ち上げたりしているうちに、こんなにぼやーと宙に浮いていたE-P1の姿が、

P6202378.jpg
だんだんと、現実的に見えてきた。

カメラ本体ではグリップが良くないので、ケースは買ったほうが良い。
明らかにホールディングが向上する。

でも、まだ面白く無い。

すると、上には上がいて、
P620240504.jpg
こんなレンズや

P620240805.jpg
こんなレンズや

P620241608.jpg
こんなレンズ、要はレンジファインダー用のLマウントやMマウントレンズを持参して、アダプター経由で試しているレアなマニア達がいた!

マイクロフォーサーズはフランジバックがより短くなったおかげで、今までは取り付け不可能だった、レンジファインダー用のレンズを取り付ける事が出来る。
それが、アダプターが薄いゆえに、実にフィット感が良いのだ。

電気的に繋がっていないのでMFアシストは使えないけど、ライビビュー画面で測距エリアを選択してOKボタンを押せば7倍拡大が可能なので、精密なフォーカスが可能。

これって、かなり凄く無い??

E-P1への評価が、大きく変わった瞬間だった(笑)

6月22日E-P1雑感その2

E-30やE-620使いではないので、アートフィルターへの興味は、ほとんど無い。
あえて使ってみたいと思う機能は、4:3以外の3:2や16:9や6:6のマルチアスペクトぐらいだろうか。

多重露出もそんなに多用する機能では無いし、銀塩上がりなのでそんなに高感度も使わない。

では、なぜE-P1に多少なりとも興味があるか?というと、今のコンパクトデジタル機の画質が、あまりにも悪いからだ。
小さな面積でありながら1000万画素を越えるセンサーは、いくら補正しようともダイナミックレンジがあまりにも狭すぎる。先日入手したTough8000は、そのまま返品したいと思うほど、酷い画質だった。
その点、フォーサーズサイズのセンサーを持つマイクロならば、画質もフォーサーズと同等だ。それでいて、現行フォーサーズよりも、間違いなくコンパクト。
自分が欲しいのは、残念ながら現時点ではまだ登場していない、Tough8000のようなヘビーデューティーかつコンパクトな単焦点モデルか、現フォーサーズでは不可能なコンパクトな広角レンズなのであって、PenFの復刻版デジタルでは無い。

という訳で、大きな期待もせずにテンション低くクールな視線で、PhotoFestaに出かけたんだけど、E-P1の質感は、予想を大いに裏切っていた。

「意外と、良いじゃん。」

でも、質感だけじゃ買わないもん(~_~;)

新製品に文句を言うのは簡単だ。
E-P1の場合、最初に気になるのはホールディング。
手のひらに載せられる縦は良いけど、横はどうやって構えるのか?
コンデジのように両手を突き出して構えるのか?これでは、いくらI.Sが搭載されていても、苦しいんじゃない?
Festa講師の清水プロいわく、「ストラップを短めにして両手と首で突っ張る感じにすると、安定良いよ。」
なーるほど。
そもそも、E-P1では、E-3のように撮影領域を拡大するためでは無くて、ホールディングの悪さを克服して普通に撮るためにI.Sは必須だったわけだ。

同時発売のレンズの造りが、プラスチッキーでチープだ。
P620237501.jpg
沈胴式ゆえに格納時はコンパクトだけど、撮影時はこんなに伸びてしまう標準ズーム。
もっと広角よりにすれば、格納時の大きさでズーム出来たんじゃないの?
その方が、格好良い。

P621030502.jpg
薄くてコンパクトな、ちょい広角パンケーキ

P621030002.jpg
でも、F値を3.5にして焦点距離を50mm換算にすれば、より小型化出来ないでろうか?

いや。どうせならば、モーター無しのMFレンズにして、「本当の沈胴式」はどう?
駆動系さえ何とか出来れば、光学的には充分に可能なはず。
きっと、痺れちゃうぞぉ。

P620237702.jpg
十文字キー改めジョグダイヤルの操作感は、すこぶる良好。
メニュー階層が変わったので少し戸惑うけど、すぐに慣れる。

曇り&雨のうえに、屋内での展示会だったので、屋外・炎天下での視認性は未知数。
コーティングを改善した上にバックライトを明るくしたので、かなり良好とのこと。
でも、オプションで折りたたみ式のフードなんて付けたら、無敵だろうね。

操作系で感心したのは、S-AF+MFおよびMF時に有効なMFアシスト。
従来のライブビューではMF操作時のみしか任意の測距点の拡大が出来なかったのだけど、E-P1ではAFでざっと寄ったのちにフォーカスリングに触ると、自動的に7倍もしくは10倍に拡大表示してくれる。
これさえ有効にしておけば、イメージャーAFが多少遅くても、すばやく正確なフォーカスが可能なわけだ。

蛇足だけど、この切り替えは新しいデバイスが要るわけではないので、ぜひ既存機種でも対応可能にして欲しいものだ(笑)

内蔵フラッシュを取っ払ったのは英断だけど、なぜフォーサーズボディで出来なかったのだろう?
E-3やE-420では、あれほど「要らない!」って言ったんだけど?
あ、でも、ワイヤレスコマンダー機能も失われてしまった(~_~;)
これは、大きなマイナスポイント。こちらは機能よりもデザインを優先したわけだ。

やはり、メーカーコンセプトが、コンパクトデジタル機からのステップアップユーザーを想定しているだけの事はあるね。
二日間も通って、弄り回していると、良いところも具合の悪いところも、見えてくる(~_~;)

まだまだ、続く・・・

6月22日オフ会から一夜明けて(笑)

さて、少し落ち着いたので、E-P1への雑感を改めて書いてみよう。

発表会前:
正直に言うと、今さらPenのイメージ!?と、あまり良い印象は持っていなかった。
妙な懐古主義で、外観のデザインばかりに凝って使い勝手が悪かったり、コストパフォーマンスが悪かったりした時は、迷わずスルーと決めていた。
だって、いくら手ブレ補正が内蔵されていても、ファインダーの無い=カメラの背面を額にくっつけて固定出来ない機種では、フォーサーズのレンズ資産を充分に活用出来ない上に、肝心の期待すべき広角レンズ系も今回は見送られて、標準ズームと34mm相当の2本しか発表されていないのだ。
これでは、どう考えてもE-420をE-620に買い換えた方が、幸せになれるに違いない。

PhotoFesta1日目:
午後3時に、オリンパスユーザーの友人と会場入り。
思ったよりも空いていて、E-P1は触り放題。
大きさの割に重たく感じる。というよりも、それほどコンパクトに感じない。
この質量感は、メタリック素材を多用した外装ゆえなのだろうか?

E-420でも感じた事なんだけど、オリンパスのフォーサーズカメラの中身の凝縮度は半端ではない。
センサー+ローパスフィルター+SSWFがセットとなっている上に、丸ごと動かす仕組みのI.Sなので、外見から想像出来ないくらいの頑丈な=重いフレームが内蔵されている。
そもそも、マイクロ開発の目的の1つは、従来のフォーサーズからミラーボックスを取っ払って=フランジバックも短くして広角系のレンズ設計の難易度を減らす、だと聞いていたので、初号機ではそれほどのコンパクト化はありえない、とも予想はしていた。

ついでに言うと、カメラはグリップしやすくて重いほど手ブレしにくい。
例えば、E-420と比べるとE-1は、はるかに安定して構える事が出来る。
E-P1の手ブレ補正は、もともと手ブレしやすいコンパクト型を、実用範囲にまでサポートする機能であって、E-30やE-3のような実用性能の確保は期待出来ないと思う。

さて、いきなりレンズ体験コーナーへ行ったのは、やはりマニアなんだろうね(^_^;)
まずは、オリンパス初心者の友人のために、9-18をリクエスト。
初めて覗く超広角の感想は?との問いに、
「ごめん、よく判らないから、いつものと比べても良い?」
14-42と付け比べて・・・「おお!これは広い!!」
OK、OK、そこまで感動するなら、これも体験しちゃいなさい、と8mmFishEyeも渡す。
「何ですか?これは!?すげー自分の足が見える!!」
「でも、このカメラって、どうやって構えたら良いんですか?」
おお?、いきなりずばりと確信を付いてきた(笑)
そうだね。ライブビューで見るE-P1は、縦方向はボディーが手のひらに載るから良いけど、横方向は不安定で困っちゃうよね。

用事があるという友人と別れた後も、レンズ体験コーナーで粘っていると、ゴミゼロ仲間のとーじゅろーさんを発見。
調子に乗って、E-P1とフォーサーズアダプター+328をリクエスト。
「ふふふ、PhotoFesta初の328チャレンジャーは私だ!」

1245511358_1.jpg
というワケで、とーじゅろーさんに撮って貰った写真がこれ。
昔レンズの後ろにスコープ付けるヤツがあったけど、あの感覚に近い。

でも、イメージャーAFはちゃんと仕事をしてくれた。
明るいF値に助けられてか、思ったよりも早くAFが利いたので、妙に感動。

ちなみに150mmF2.0だと、もっと楽に扱える。
もっとも、このボディで巨大なSHGレンズを好んで使う人はいないと思うので、あくまで緊急用だろうね(苦笑)

でも、正直に言うと、この時点では、E-P1への評価は高くは無かった。



続く・・・

6月21日オリンパスPhotoFesta二日目(~_~;)

PhotoFesta二日目
P621243203.jpg
ちょいと早く着きすぎて、開場前(~_~;)

本日のお目当ては何か?というと、昨日試し忘れたことに再トライするため。

P621243704.jpg
その1.E-P1にZUIKOレンズを組み合わせる。
予想通り、ルックスは悪くない。

ちなみに、アダプター2枚重ねは公式には非推奨だとか。
あんまり重いレンズを付ける場合は歪む可能性があるので、わざわざ専用のアダプターMF-2が出ている。
フォーサーズアダプターMMF-1+OMアダプターMF-1の組み合わせや、MMF-1+テレコンの組み合わせは、公式には「非推奨」。画質が確保出来なくても、「自己責任」だそうな


P621244205.jpg
もう1つは、こちら。斉藤巧一郎プロの講座「カメラを友に自分をしるそう。」の聴講。
オフ会での爆笑トークとは違い、とても真面目でためになる内容で、おまけに楽しかった。

P621244606.jpg
ちなみに、オフ会での約束どおりオールドMFレンズを付けていた(笑)

P621245408.jpg
その後の会場の入りも盛況で、雨天にも関わらず多くの人たちが、E-P1を試していた。

P621246109.jpg
私的には、フォーサーズを含めたDSLRのサブ機として捉えがちだけど、コンパクトデジタル機からのステップアップ用としても充分使える素質を、E-P1は備えているようだ。

P621246310.jpg
実際に手にしてみると、意外と良い感じなのだ。
ちょっと、いや、かなりグラグラしています(~_~;)

PS:許可を得てE-P1のデータを持ち帰ったのだけど、オリスタのバージョンアップ版が出ないとRawデータの現像が出来ないみたい。
皆様、発売前はJPEG併用データでお持ち帰りしましょう(苦笑)

6月20日オリンパス Pnhoto Festa in ナディアパーク

栄ナディアパークで開催中の、オリンパスフォトフェスタ in Nagoyaへ行ってきた。

P620238208.jpg
目的は、もちろんこれ。

往年の名機Pen-Fをモチーフとしたマイクロフォーサーズ機のE-P1。

P620239117.jpg
プロカメラマンを講師とした撮影ミニ講座も、もちろん面白いけど、来月新発売される"P-E1"がいち早く触り放題なのは、とても楽しい。
前回のE-30発表の時は、名古屋飛ばしされてしまったので、溜飲を下げた感じ?(笑)

P620240531.jpg
でも、このカメラの本当の姿は、こちらだと思う。

P620240632.jpg
マウントアダプター経由で、往年のオールドレンズが取り付け可能なのだが、これが凄く似合う。

P620241640.jpg
フォーサーズに付くレンズは、何だって付いちゃう。

P620241539.jpg
そして、このヘリコイドの感触がとても良いのだ。

ライブビュー専用機は、MFレンズに最適。
おまけに、明るいレンズのとろけるような画像で、HD画質の動画も撮影可能。
これは、楽しい。

PenF・・・ぢゃなかったP-E1の真髄は、これにあり!と見ましたぞぉ(笑)








6月15日ZUIKO90mmF2.0

P6152327.jpg
せっかくマクロレンズを入手したというのに、マクロ=近接撮影っぽい写真は1枚も撮っていない(笑)

P6162335.jpg
こんなものならば、普通のレンズでも撮れるぢゃないか?!という写真ばかりだねぇ。

P6162349.jpg
もう一歩踏み込んで、絞りを開いて薄いピントで・・・と思うけど、E420の手持ちでは限界がある(^_^;)

P6162350.jpg
というよりも、まずは発色を楽しみたい!というのもあるので、マクロ撮影はそのうちに・・・

P6162353.jpg
中望遠のマクロを持つと、普段では気が付かないような小さな花でも、興味の対象となる。
たとえば、この桜草なんて直径20mm足らず。

P6162357.jpg
こっちの姫檜扇(ひめひおうぎ)なんて、12mmぐらいかな。

P6162361.jpg
こういう普段では気にもかけない小さな花も、じっくり観察出来る。
※パンジーなんだけど、日陰でおまけに肥料も貰っていないので、とっても小さい(^_^;)

P6162365.jpg
ミクロとまで行かなくても、ほんの少し拡大するだけで、ワクワクしてくる。

うん、このレンズは面白い!さて、次は何を撮ろうかな?(笑)

6月14日サボテン開花

P613230407.jpg

昨日帰宅する時点ではまだ硬かったのですが、

P614230602.jpg
今朝見に行くと、一気に蕾が膨らんで、まるでミサイル発射寸前の様子。

P6142320a08.jpg
という訳で、日曜日の夜9時過ぎに、自主出社(笑)

P614231704.jpg
都合12個もの花が、一気に開花。

P614232209.jpg
アップにすると、まるでマンモスフラワーみたい。
原生地である砂漠では、きっと月夜に映えて綺麗なんだろうな。

P614232512.jpg
でもこのサイズなので、誰も居ない原野でみたら怖いかもね(~_~;)

6月12日ZUIKO90mmF2.0試し撮り

午後から晴れてきたので、ちょっと公園で180円撮影(笑)

P612226207.jpg
F5.6 1/400 -0.7EV ISO100 WB:5300K
90mmをフォーサーズで使うと180mmの中望遠。画角に慣れないとね(~_~;)

P612225904.jpg
何とか痛みの少ないバラを探してみた。
これも、F5.6 1/500 さすがに開放はカミソリみたいに被写界深度が浅いのと、ちょいと明るすぎる。

P612226409.jpg
公園の蓮池。

P612228123.jpg
花はまだ咲いていないけど、

P612227418.jpg
こういう池にはもちろんトンボがいる。

P6122280a22.jpg
AFよりもMFの方が、どうもピントが合わせやすい(~_~;)

P612228729.jpg
F2.8 1/4000 この領域では、ピントはかなりシビア。

P612229031.jpg
F5.6まで絞ると、なんとかなるかな。
しかし、久しぶりで面白い感覚だ。

デジタルと組み合わせても、発色も破綻しない。
やはり、ZUIKO最高峰のレンズだけのことはある。
これは、癖になりそう(*^_^*)

え!?180円撮影ってなにって?

この公園の駐車場は30分180円。
つまりは、駐車場に入って車を停めて出るまでの間の約25分一本勝負!
の撮影というワケなのだ(^_^;)

6月10日衝動買い(~_~;)

衝動?買いその1

雨とか荒天などで、ヨットにカメラを持ち込めない日が続いていたので、ポケットに忍ばせていく荒天用カメラとしてバーゲン品をゲット。

E308634402.jpg
10m防水&耐衝撃コンパクトデジタルカメラ"μTough8000"

使ってみた感想。
動作や操作感は、以前の機種と比べるとモタツキが少なく、かなり改善されている。
発色は派手ではなく、オリンパスらしい自然な感じ。
でも。
屈折光学系ゆえの小型センサーだろうから、ここまで無理して高画素化する必要は、無かったんじゃないの?
ミノルタのXシリーズの発展系だろうから、もう少し画素数を抑えてくれていれば、もっと評価が高かったと思う。
こりゃあ、あくまでバックアップというかメモ代わり程度しか使えないかも(~_~;)
頭では判っていたけど、やはりちょっと後悔あり。

衝動買いその2

シグマDP1が安く出ている、と噂を聞いたので、冷やかし半分で通りがかりのキタムラを覗いたところ・・・

DP1は無かったものの、こんなの↓を発見。
P610224910.jpg
OMシリーズで最高画質を誇る!という"ZUIKO 90mmF2.0 MACRO"

P610225111.jpg
OM-2N+標準ズーム、50mmF3.5Macro などと並んでいるところを見ると、どうやら前の持ち主がOMシステム一式を処分したらしい。

50mmF3.5とOM-2Nの値段は相場なんだけど・・・90mmF2.0は、これって間違えていませんか?
という相場の半額以下のプライスタグ。
瞬間気絶して、気が付くと・・・カメラバッグの中に入っていた(~_~;)

こいつは、完全に想定外の衝動買い。

やばー。どうやって代金工面しようかなー?(汗)

でも、極上中古は見たときに買わないと、二度とめぐり合えないしねぇ(大汗)

6月7日ぷちクルージングonFairWind

E307633401.jpg
今日はクルー仲間で、ぷちクルージング。
ホームポートからセイリングで30分の港へ、ショートセイリング&ランチ。
7?9m/sの絶好のコンディションの中を、フルメイン+No3ジブでセイリング。
北西風に乗って、どぱー!とぶっ飛んで行って、アップウインドとタックの練習もしてから、河和港へ。

E307633502.jpg
セイリング中、私はギャレー(ヨットのキッチン)に入っていたので、写真は無し。
で、いきなり港でのランチ風景(笑)

E307633704.jpg
菊ちゃんお手製のキュウリと

E307633805.jpg
イベリコ豚のチョリソーに、イタリア製生ハム!

セイリングして、美味しいご飯を食べて、ワイワイしゃべるのは最高!!

これぞ、正しいヨットライフというヤツです。

※でも、暑くなく寒くなく風があるというコンディションは、日本では意外と少ないのですがねぇ(苦笑)
雨の日も風の日も毎週通うと、たまにはこういう日もあります。

フェアウインドのホームページは、こちらです。
新:http://www.geocities.jp/fw3363jp/fairwind_001.htm

旧:http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/2816//fairwind_001.htm←こちらの方が面白い