FC2ブログ

2月28日もうすぐひな祭り

天気の安定しない一週間だったけど、なんとかお雛さまを出した週末、いつもは子供達で賑わう恒例行事に集まったのは、「もと」子供達。

P2282172.jpg
テストに雪遊びなどそれぞれに忙しい子供達の代わりに、せっせと勤しみます(笑)

P2282167.jpg
これだけなら、可愛いのですが・・・

P2282169.jpg
どーんと、大量生産中(笑)

P2282173.jpg
手際が良すぎて、和菓子屋さんみたいです。

P2282171.jpg
ちょっと、面白みが無いぞ?とコメントしたら、

P2282174.jpg
よっしゃ??と、

P2282180.jpg
カラフルなのを作ってくれました。

し、しかし・・・緑色のドラえもんもどき・・・誰が食べるのだ!?(笑)

はい。いただきま?す!
スポンサーサイト



2月26日エアコンフィルター

ハイエースは、2004年にフルモデルチェンジを受けて、現在の200系になりました。

グローブボックスの奥を見ると、エアコンのフィルターボックスはあるのですが・・・

P2252151.jpg
なぜか?中身は空のままでした。

それが、今年に入ってからフィルターが標準装備された、とネットで情報が入りました。

試しに、ディーラーさんに聞いてみたところ、

P2252145.jpg
パーツが出ておりました。

P2252148.jpg

P2252149.jpg
活性炭も何の仕掛けも無いただの「フィルター」ですね(笑)

まあ、余計なものが付くと、吸気効率が落ちるし大した効果も無いはずなので、これでも余分なゴミや埃は除去出来るのでしょう。

P2252152.jpg
上下を合わせて挿入して

P2252153.jpg
蓋をするとぴったり収まります。

ちなみに、お値段は税込み定価808円
作業時間は、5分程度で取り付け完了!


2月22日セイリング競技規則講習会

P2222143.jpg
外洋東海主催のルール講習会&B級ジャッジ更新講習会に、参加してきた。

この種の講習会は、外洋東海としては初めて行ったそうで、次はいつ出来るか判らないし、ルール講習会だけなら会員外でも参加OKというので、鬼崎と衣浦の仲間を誘って押しかけた。
声の大きい(笑)ルール初心者が中央席を分捕った過半数を占めた上に、講義前に「クリア・アスターン」と「クリヤ・アヘッド」の違いを質問したせいか判らないけど、定義を時間を掛けてみっちりと教えてくれたので非常に判りやすい内容だった。
だけど、B級ジャッジ更新講習会としては物足りなかったかもしれない。
午前2時間・午後2時間と講義を受けて、判った事も多かったけど、新たな疑問も多く浮かんだ。

ここまで来たついでだから・・・と勢いでB級ジャッジ認定試験まで受けてしまったが、見事に玉砕。
経験的にどちらが正しいのか?は判るものの、それがどの規則に基づいてか?と問われると判らない・・・という自分を改めて確認した(爆)

ついでに言うと、講義の後では疲れた目では、試験問題の文字が見にくい!というのが、ちょっとショックだった。
最後の方なんて、字が霞んでいるんだもんなぁ(涙)

そういえば、最近パソコンのモニターを、無意識に机の奥の方へ押しやっている。
そろそろ遠目?

P2222144.jpg
しかし、ネームプレートを胸に掲げての写真撮影は、受験者というよりは受刑者?(苦笑)

2月11日ハイエース間仕切り その後

天井に取り付けたものの、すぐに外れてしまったライナー&グルーブ。

まずは
対策その1:数度にわたる脱着で弱った内装クリップを新しくする。
普通は取り外す事の無いルーフライナーを、既に3回以上取り外している。
プラスティック製のクリップなので、そんなに保つはずが無く、よく見るとかなり変形している(~_~;)

P2114080.jpg
ディーラーさんでクリップを7個購入。(1個70円ぐらい)
これをすべて交換。

対策その2:グルーブのカーブがルーフライナーと合わない理由は、おそらく一番ドラフトの深い(=カーブがキツい)センター部分に、ボルトロープ挿入用の切込みを入れたので、大きく二つに折れ曲がったため。
それならば、カーブのエントリー部分にも切込みを入れてやれば、よりスムーズに曲がるはずでは?

というわけで、左右エンドから30cmの位置に、5cm程度の切り込みを入れてみた。

P2114079.jpg
すると、フォイルのカーブが柔らかになり、新しくなった内装クリップとの相乗効果で、ルーフ形状にフィット。

揺さぶってもビクともしないぐらいに、ガッチリと食い込みました。

これで、なんとか使えるぞ(笑)

2月9日ハイエース間仕切り

さて、ハイエースの間仕切りを作ってくれたのは、セイルメーカーの陽一君。

P2094061.jpg
本日入荷したばかりのドジャー用A Glass(二層透明ビニール)に、ハイエース天井のカーブを出す。
左右各3点を測ってバテンでRを出すのが、いかにもセイルメーカーの仕事(笑)

P2094065.jpg
上部の透明部分と下部のクロス部分を縫い合わせて

P2094066.jpg
荷室側面と後席のシートベルト位置を確認後に、側面を裁断。

P2094067.jpg
次は、パイピング用のトリム材をテープで作成。

P2094068.jpg
これもミシンで縫い合わせる。

P2094070.jpg
ボルトロープを作成後、カーブに合わせて慎重に両面テープで仮止めして縫い合わせる。

P2094071.jpg
ちなみに、こちらが天井に取り付けられるグルーブ(溝)
中央部を15cmぐらい切り欠いておいて、そこからボルトロープを入れる。

P2094073.jpg
左右の固定用のハトメを打って、仮合わせ。

P2094076.jpg
ちなみに荷物優先の時は、巻き上げ可能(笑)
ハリケーン特製「ハイエース後部間仕切り」が、とりあえず完成!!

※天井部分が内装クリップで固定されているというのが、最大のネック。
つまりは、少し引っ張ると落ちてきちゃう(苦笑)
予想はしていたけど、ちょっと強度不足で間仕切りの重量に耐え切れないのだ。

現在考えている対策は2つ
1.数回取り外して弱っている内装クリップを新品に交換する。←1個50円×8個
2.それでもNGなら、5cm程度の幅のアルミ材か何かでトリム材を作り、内装クリップの穴を利用してスレーブ&ビスで天井のフレームに固定する予定。

さてさて、上手く行くでしょうか!?(笑)

2月8日よく走った1日(笑)

朝6時半起床 公園の太極拳サークルで30分
帰宅後に坊主君とTV鑑賞
8時半 朝食
9時過ぎに、坊主君と知多の日長の畑へ出発
10時ごろ畑へ到着。野菜をハイエースの荷室が一杯になるまで収穫^_^;
それからお米を1俵わけていただいて、精米。

P2084046.jpg
精米を面白そうに見ていた坊主君。あちこち覗いて不思議そうにしていました(笑)

P2084049.jpg

11時前には帰途に就くはずが、そのまま名古屋高速に乗り一気に春日井の艦長宅へ。

艦長宅で野菜をワンセットおすそ分けしてからめん吉でラーメン!

名古屋へ戻り自宅で野菜と坊主君を降ろしつつ、マンション1Fのナカイさんにも野菜をおすそ分けしつつ、通り道の友人にもおすそ分け。

P2094052.jpg
それから、実家へ行き残りの野菜&お米を降ろす。

ひととおり野菜の仕分けと掃除が終わってから、坊主君とお姉ちゃんを拾って、ヨメの実家へ。
そのついでに御器所レディースクリニックのビストロバブのシェフに頼まれていた「紅芯大根」をお届け。

それから思いつきで、港区のカインズホームまでひとっ走り。
ペンキを購入するつもりが、なぜか2m長のアルミのトリム材を購入。
実家へ戻り、ハイエースのフロアのエンド処理を開始。

で。床板エンドを切りそろえている時に、ジグソーで左手中指の先っぽをヒット!(涙)

P2084051.jpg
中指が人差し指よりも長いことを忘れているなんて、馬鹿ですねぇ(苦笑)
半周切っただけなのでオキシフルぶっ掛けてテープで巻いておけば、そのうちにくっ付くでしょ。

でも、ちょっと切っただけでも指先がジンジンしているのだから、VOR中に人差し指の先端70%を失った「PUMA」スキッパーのケン・リードの痛みは半端じゃないだろうなぁ。
それでも、ブームを失った艇をプッシュし続けて、先行艇を追い上げているんだから、さすが・・・。

P2094057.jpg
ちなみに、トリム交換の理由はこれ。

スペアタイヤを固定するボルト開口部のカバーを付けたんだけど、
P2094054.jpg
既存のものでは、幅が広すぎて「お掃除口」に干渉して、蓋が開かない。
かといって、鉄を上手く切る道具は持っていない。

P2094053.jpg
そこで、幅の狭いアルミ材に変更。

さて。トリムを片付けてから、明日早朝の仕事の準備をして、19時ごろチビラーズを迎えに行って20時ごろに帰宅。

と、普段より忙しい日曜日を過ごしたのでした。

本当は、先週作った棚のペンキ塗りがやりたかったんだけど、脱線しちゃいましたねぇ(苦笑)

2月7日うれしいプレゼント!

昨日コメントをくれたブログ仲間のNYさんからのプレゼントが到着。
NYさん ありがとうございます!

P2072135.jpg
天体望遠鏡に顕微鏡。それに、おまけの折り紙セット!

P2072136.jpg
早速組み立てた望遠鏡。今晩は曇りなので、今度晴れたら月でも見てみようかな。

P2072138.jpg
顕微鏡は、えええ?!?というものを見せてあげよう(笑)

P2072140.jpg
子供達の一番人気は、実はこの本だったりします。
実は。以前から欲しがっていたのですが、折り方を聞かれると親が大変なので(苦笑)あれこれ理由を付けて逃げていたのです(爆)

P2072142.jpg

さっそく、コーカサスオオカブトを折っていました。
え?もちろん半分は私が折りました(苦笑)

2月7日ふと思いついて・・・

ハイエースの後席は寒い。
リアヒーターをケチった・・・という事もあるが、キャビン容積が大きいのでフロント側のヒーターを全開にしても、キャビン全部が暖まるのには時間が掛かる。
というか、前席側は暑くて堪らない(~_~;)
視界を遮らずに、上手く荷室を仕切る方法が無いかなぁ・・・と思っていたんだけど、
KAZI3月号の寛平ちゃんの記事を見ていて、ひらめいた(笑)

寛平ちゃん達が乗っている「エオラス」は、およそオタッキーなヨット乗りが考えつくあらゆる装備が満載されている。
ドッグハウス入り口には頑丈なハードドジャーが装備。
そのドジャー後部=コクピット側入り口には、透明ビニールでエンクロージャーが作ってあった。

このアイディア、いただき?!
ハイエースのカーゴルームにも、間仕切りを作っちゃおう。

P2052129.jpg
上は荷室天井プラステックダンボール継ぎ手部分のトリム材。
下は、プラスティック製のグルーブ(溝)

P2072130.jpg
この2本を両面テープで合体させて、補強にアルミサッシ用のボルト・ナットで固定。
(アルミサッシ用のボルトは頭が小さいので、グルーブに干渉しない)

P2072131.jpg
これで、車体側はOK

続く・・・

2月4日YachtTimer到着!

先週の日曜日(1月25日)に送った腕時計が、本日到着した。

P2042122.jpg
ドキドキしながら、開封する(笑)

P2042123.jpg
しっかりしたクッション材の中から

P2042125.jpg
10日ぶりに、ヨットタイマーとご対面!

動きの悪かった左側のプッシュボタンも、しっかりと直っている。
ベゼルの動きも正常になっていた。

P2042124.jpg
おそらく、潮や垢・埃が固まって動作不良を起こしていたのだが、ケースの隅々まで綺麗になっていた。

これで、あと2年は使えるだろう。感謝!

2月3日Cooの時計屋さん

愛用のヨットタイマーが壊れた。

正確に言うと電池切れの症状(秒針が2秒づつ進む)に気がつくのが遅れた上に、アラームが鳴るのでタイマーが動作しているのか?と各モードに切り替えて確認していたところ、クロノグラフモードで短針がいきなり動き出して、「あ、これは電池切れだ!」と気がついた次第(~_~;)

通りがかりのイオン吹き抜けで営業している時計屋さんに、電池交換を依頼したところ・・・
「これは輸出モデルですね。電池交換は出来るのですがボタンが動作不良でO時合わせが出来ません。ボタンの修理はうちではちょっと出来ないのでメーカーに送るしかありませんが・・・どうされます?」

ボタンの修理でメーカーへ送るとおそらくオーバーホール扱いとなり、修理代は輸出モデルの場合は割り増し金が掛かるケースもあり15,000円ぐらいは想定した方がよいとか。
う?む・・・(汗)

「では、電池を抜きますね。正常動作しなかったので交換手数料は要りません。」
と良心的な時計屋さん。

帰社してから念のために、SEIKOお客様相談センターに問い合わせたところ

「ボタンの修理及び内装点検をさせていただく場合は、内装修理技術料12180円(税込)でございます。お預かり期間は、2?3週間頂戴しております。」

う?む。ボタン修理で1万円オーバーはキビシイ。
ヨットタイマーに拘らなければ、ダイバーでもパイロットウォッチでも新品が楽に買えちゃう(汗)

ここで、ヨット仲間のsomethingさんのブログを思い出した。

以前、古いSEIKOのヨットタイマーを復活させた時計屋さんの記事を読んだ記憶がある。

Cooの時計屋さんのサイトを見ていると、何とかなりそうな予感。
ボタンさえ正常になれば、O時合わせは出来るはず。
駄目もとのつもり(失礼!)で、とりあえず送ってみることにしよう。

さて、どうなるか!?(笑)